ISO9001は、国際標準化機構(ISO)が定めた品質マネジメントシステムの国際規格です。
ISO9001は品質管理及び品質保証のための国際標準モデルとして1987年に制定されました。 日本では1991年にJISとして制定され、数多くの企業において認証を受けています。
なお、弊社では2005年9月に認証を取得しました。品質方針に則り、より良い製品作りを目指します。
株式会社光和印刷は、「経営の基本方針」を基に、顧客満足の向上を目指して、
品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善を行うために、以下の「品質方針」を設定する。
品質方針
1. デザイン品質が良く顧客満足度の高い製品を提供し、お客様から選択される会社を目指す。
2. 品質マネジメントシステムに従い、適切な運用を行うとともに、その仕組みの有効性を継続的に改善する。
制定日:2004年12月24日 
改定日:2005年6月17日 
品質管理責任者:正/岡田寛和  副/井上吉永 森島洋二
植物油インキで作る環境にやさしい印刷物
植物油インキマークを掲載し、環境に配慮していることをアピールできます。
「植物油インキ」とは、大豆・ヤシ・パームなどの植物性油と、それらの廃食用油などの再生油を原料とした印刷インキです。 弊社では植物油インキを使用し、環境にやさしい印刷物の制作に努めております。
弊社で印刷した印刷物には、植物油インキマークを表記することができますので、環境に配慮していることを伝えることができます。
私たちは、環境に配慮した循環型社会を目指し印刷事業を通じて地球環境に貢献します。
1. 当社は企業活動及び製品・サービスに伴う環境影響を特定し、環境目的・目標を設定。
  定期的見直しを行い継続的な改善に努めます。
2. 適用される法規制を遵守し、環境汚染の予防に努めます。
3. 環境保全に取組み、リサイクルの配慮や廃棄物の削減、騒音等の環境負荷削減に努めます。
4. 省エネ・省資源を推進し資源の有効活用に努めます。
5. 環境に配慮した資材の優先購入に努めます。
6. 従業員への環境教育を実施し、環境への理解と意識向上を図ります。
7. 環境方針は全従業員に周知させるとともに、社外にも公開します。
制定日:2009年4月24日
環境管理責任者:森島 洋二
主な取組
廃棄物の排出抑制やリサイクルの推進
・印刷版(アルミ基材)のリサイクル率100%達成。
・損紙等の古紙へのリサイクル率80%以上達成。
・共通パレット等の利用促進。
省エネ、省資源、有害物質、VOCの発生抑制
・刷版のデジタル化により、省資源及び廃棄物の抑制を行い、環境配慮型刷版現像システムを使用しています。
・湿し水からのVOC(揮発性有機化合物)発生を、湿し水循環システムを採用することによりIPA(イソプロピルアルコール)
 濃度を5%未満に管理しています。
・洗浄剤からのVOC発生を自動布洗浄を使用することにより抑制しています。
・VOC排出処理装置(脱臭装置)を100%設置し適切に運転、管理しています。
・インキ供給の80%以上をパイピングシステムで行い、廃インキ容器、廃インキの削減を行っています。
・廃ウエス容器や洗浄剤容器からのVOC発生抑制策を講じています。
・印刷機、製本機の環境負荷(エネルギー、騒音、振動等)を把握し、毎日のチェック、記録を取り管理しています。
・再生ウエスを100%使用しています。
・窓、ドアの開放を禁止し、騒音、振動の抑制に取組んでいます。
・フォークリフト等の騒音発生防止に取組んでいます。
・アイドリングストップを実施しています。
運搬車両の環境負荷低減に配慮
・配送車は100%低公害車(自動車NOx・PM法適合車)を使用しています。
植物油インキで作る環境にやさしい印刷物
植物油インキマークを掲載し、環境に配慮していることをアピールできます。
「植物油インキ」とは、大豆・ヤシ・パームなどの植物性油と、それらの廃食用油などの再生油を原料とした印刷インキです。 弊社では植物油インキを使用し、環境にやさしい印刷物の制作に努めております。
弊社で印刷した印刷物には、植物油インキマークを表記することができますので、環境に配慮していることを伝えることができます。
グリーンプリンティング
植物油インキ
DTPエキスパートとは、社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)が主催する認定試験及び登録制度です。
プランナー、デザイナー、エディター、印刷営業マン、プリンティングディレクター、製版担当者、印刷担当者等、立場は異なっても目指しているものはひとつ、「よい印刷物を作る」ことです。
印刷メディア産業に携わる方々の共通の教育基準と考えて作られたこの認証試験
1. DTP関連知識(DTPの役割、DTP技術、PDL/フォント、DTP作業、etc.)
2. 印刷発注側知識(編集、デザイン、etc)
3. 印刷工程知識(印刷の一般、組版、製版、スキャナ、etc.)
4. 色の知識(色、etc.)
5. コンピュータ関連知識(コンピュータ、アプリケーション、通信、etc.)
これら5つのカテゴリから出題される「筆記試験」と、試験日より14日以内に制作物と制作指示書を作成する「課題制作」で編成される試験で、筆記の5カテゴリと課題ともに80点以上を確保して合格となる試験です。
合格者には対外的にDTPエキスパートであることを証明する認証(IDカード)が発行されますが、2年毎に更新試験を受験する必要があります。これは進歩の速い印刷業界の技術変化を考慮して実施されているものです。
有資格者/8名(2015年2月現在)
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が1998年より行っている
個人情報保護に関する事業者認定制度です。
認定にあたってはJIS Q 15001に基づいた審査を行い、該当する事業者の事業活動に対して「プライバシーマーク」の使用が認められます。対象となる 個人情報は、自社で保有するすべての個人情報(顧客情報・社員情報)について適用されます。
私たち光和印刷は、2005年5月にプライバシーマークの認証を取得しました。
私たちは、この個人情報保護体制の導入効果を高め、より一層、個人情報の保護に向けて常に保護体制の改善を行い、継続的な改善・向上の活動を進めています。
お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明はこちらからお問い合わせください。
TEL.029-247-4362 / FAX.029-247-9584
株式会社 光和印刷 本社
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町1823-22
TEL.029-247-4362 FAX.029-247-9584
株式会社 光和印刷 茨城町工場
〒311-3114
茨城県東茨城郡茨城町大戸西山733-10
TEL.029-292-9911 FAX.029-292-9913
株式会社 光和印刷 東京営業所
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-10-19 第一川端ビル2階
TEL.03-5649-8671 FAX.03-5649-8672
Copyright (C) 2015 KOWA PRINTING Co.,Ltd. All Rights Reserved.